介護施設にかかる費用っていくら?

民間の介護施設の月額費用と初期費用

民間施設の月額費用

民間介護施設へ入ると月に最低でも15万円以上はかかります。

 

<内訳>

項目 費用

家賃

5万円〜7万円程度/月

管理費・共益費・雑費

2万円程度/月

食事代

1300円/日

上記の表は目安になります。民間の施設なので家賃で10万円を超える所、逆に生活保護を受け入れるため家賃5万円以下の所もあります。

 

民間施設の初期費用

 

敷金という名目で、初期費用がかかります。費用は0円〜数千万円まで幅広く、基本的には高級な民間施設で都心部によるほど費用が高くなる傾向にあります。

 

通常であれば20万円〜30万円が相場になっていますが、まれに敷金なしの施設もみられます。

 

民間施設の費用に関するまとめ

一人で生活することによる、孤独感から老人性うつ又は認知症の発症のリスクがあるという問題があります。その為にも、ほかの方とお話できる環境の必要性があると思います。昔でいう、お隣さんとの繋がりが、民間施設にはあるという事です。

 

介護が必要になれば、ケアマネジャーへ相談するのが良いです。介護認定申請代行もしてくれますし、相談にもいつでも駆けつけてくれます。(申請代行、相談すべて無料です)安心・安全に楽しく生きがいのある生活を送れるので、民間施設の良さでもあります。

介護保険施設の月額費用と初期費用

介護保険施設の月額費用
経済状況 月額費用

通常

15万円〜17万円

低所得者

5万円〜8万円

※食事代、管理費・共益費、雑費を含めた金額です。

 

介護保険施設の初期費用

介護保険施設になると、法律上敷金などの初期費用は掛かりません。

 

介護施設の費用に関するまとめ

毎月の費用としては、最低でも15万円程度はかかる計算になります。今後、介護施設を探していく中で費用はいくらなのか、具体的に費用を書きましたが、民間の介護施設は、初期費用の関係上、相場がピンキリであるという事です。

 

まとめると介護保険施設の費用は所得によって5万円〜17万円程度になります。

介護が必要になってしまった場合

最後に、民間の介護施設は毎月家賃やホテルコストを支払うわけですが、もし介護が必要になってしまった場合は、介護保険料もプラスでかかってきますので合算すると、実際は毎月20万円以上支払うことになるケースが多く見られます。

 

介護保険施設は、介護認定を受けている事が前提で入所されるので、プラスで介護料も払う必要はありません。

 

つまり、介護が今現在必要ではないが、安心して住める施設が希望なのであれば、民間の介護施設の方が、安く済む場合がある。介護が必要なのであれば、介護保険施設が安く済む場合がある。ということになります。

page top