デイサービスとデイケアの違いはリハビリを専門にやるかどうか

デイサービスとデイケアの大きな違いは何?

デイサービスは交流が中心で通える所で、デイケアはリハビリを中心に通う所です。

 

デイサービス(通所介護)とは

在宅生活をされている方が、デイサービス事業所へ来て、主に他の方との交流やレクリエーション、行事へ参加し入浴もできる日帰りのサービスです。自宅までの送迎はもちろん、夕方でなくとも昼までの半日利用などもできます。

 

デイケア(通所リハビリ)とは

在宅生活をされている方が、デイケア事業所へ来て、主にリハビリを行います。専門の理学療法士が配置されているので本格的なリハビリができます。もちろん入浴やレクリエーションもしています。自宅までの送迎はもちろん、夕方でなくとも昼まで利用する事もできます。

 

デイケアを利用するには、主治医の指示書が必要になります。これはケアマネジャーが主治医へお願いするので、家族は特に何もする必要はありません。

 

リハビリ?機能訓練?

デイサービスはあくまで「生活の身の回りの介護と交流」を基本にした在宅サービスで、デイケアは「その方に応じたリハビリ」を主にしているという違いがあります。従業員の違いもあります。

 

しかし実は、デイサービスでも「リハビリ」ではなく機能訓練はできます。従業員が専門の理学療法士や作業療法士、言語聴覚士になると主治医の指導のもと行われるので「リハビリ」というカテゴリーになり、デイサービスは体操や、手の上げ下げ運動といった「機能訓練」ができるという違いがあります。

 

設備もデイケアになると、専用のリハビリ室が必要になるという条件があり、デイサービスには必要がないという違いがあります。

デイサービスとデイケアの利点

デイサービスは交流などが主で機能訓練が出来ますが、最近では「パワーリハ」という事を行っている事業所が増えてきました。ジムにあるようなマシンを使う、筋トレです。リハビリとはちがい、筋力アップを望んでいる方はこういったデイサービスを利用した方が良いという利点があります。

 

デイケアはリハビリが主になるので、例えば専門的な見解が必要で、医師の指導のもと行われるので、「膝が痛い」「もっと歩けるようになりたい」というかたにはデイケアが良いという利点があります。

デイサービスとデイケアの違いについてのまとめ

デイサービスは、生活の質を上げるという事を重点においているので、他の利用者との交流やレクリエーションで「楽しみ」を作りたい方には向いていると思います。

 

デイケアではリハビリがメインの為、交流という面ではデイサービス程はできません。しかし専門のスタッフがいるので、病院に行かなくともリハビリが出来て交流の機会も多少はあります。

 

こういったデイサービスとデイケアの違いをよく加味してどちらを選択したらいいのかを考える基準にできればと思います。

page top