グループホームの費用と選び方について

グループホームの入居に掛かる費用

グループホームの入居にかかる費用は大きく分けて入居一時金月額費用の2つがあります。

 

入居一時金

グループホームによって一時金は0円〜100万円とかなりの幅があります。一定期間内に退去した場合は変換金が発生するようになっています。

 

月額費用

グループホームにおける月々の利用金額は事業所により様々です。居住費・食費・管理費等と介護保険料2万円台、医療費でトータル15万円〜20万円くらいが相場になります。

良いグループホームの選び方(ポイント)

見学に行く

特に注目して欲しい所が、家庭的な雰囲気で日常のケアができているかです。

 

家庭的な環境を大切にしているのがグループホームなので、入所者の方々が皆さん笑顔であれば良い共同生活ができ、職員の認知症に関するケアが行き届いている証拠になります。

 

入所している方の様子を聞いてみる

大声で怒鳴っている方がいたり、医療ニーズが高い方の受け入れをしているか等を聞いてみるのが良いでしょう。明らかに認知症状が重い方を積極的に受け入れている所は、もはやグループホームの概念を通り過ぎてしまっている状況です。

 

そういうグループホームとして万全な体制をしいていると説明があったとしても、何か安心できない不安材料になってしまうと思います。

 

以上この2点だけに的を絞るだけでもどういうグループホームなのかよく分かると思います。後は礼節、マナー、言葉遣いがしっかり常識の範囲内であれば大丈夫です。

グループホームのメリット

  • 少人数で家庭的
  • 全て個室
  • 時間に縛られない

 

少人数制で家庭的な雰囲気で、なじみのスタッフと生活を送る事で認知症の進行を緩やかにする事ができます。又、認知症専門の研修を受けた者が常駐しているのでとても安心感があります。

 

全て個室になるので、自宅から今まで使っていた家具や、なじみの物を持参する事ができます。私の体験上なぜか仏壇を持参される方が多く見られます。

 

個人の生活スタイルに見合ったケアを行うので、時間に縛られない毎日を楽しく過ごせるようサポート体制ができています。

グループホームのデメリット

  • 重度の症状がある場合、入所ができないことがある
  • 認知症の診断がないと入所できない
  • 自分の住所と同じ市町村のグループホームじゃないと入所できない

 

グループホームは軽度の認知症の方を対象としているので、重度の認知症や他者に何か危害を加えてしまう等の問題行動がある方、また医療的なケアが常時必要な方は、基本入居が難しいという事が上げられます。

 

又、入所に関して認知症の疾病があるという診断がなければ入所できない事になっています。その他にも自分の住所地とは違う市町村へは入所できません。こればかりは、介護保険法で決められているので仕方の無い事です。

グループホームとは

認知症の高齢者はグループホームには入る事ができます

 

正式名称は認知症対応型共同生活介護と言います。認知症の診断が付いており、要支援2から要介護5までの方であれば、お住まいの市町村区域でのグループホームに入所する事ができます。

 

グルームホームの特徴

家庭に近い環境のもとで最大でも1ユニット9名以下という少人数の事業所になり、大きな施設とは違い和やかな雰囲気での生活が営めます。

グループホームにかかる費用と正しい選び方についてのまとめ

グループホームは少人数制のもと、家庭の雰囲気を大切にしている事業所です。認知症患者の方は環境の変化にとても敏感で、ちょっと気に食わない事があればすぐ不安感でいっぱいになり、とても辛い思いをします。それがさらに認知症の進行を早めてしまうのです。

 

そこで、認知症患者へ対するケアの体制が、一番良い施設はグループホームだと思います。どうしても大きい施設となると、手が回らない状況が生じており一人にかけるケアの時間が短くなってしまいます。そういうところをカバーできるグループホームは良い施設だと思います。

page top