ホームヘルパーも介護保険のサービスです

ホームヘルパーの仕事とは

ホームヘルパーの仕事内容は大きく3つにわけれらます。

 

  • 家事
  • 入浴介助
  • 身体介助

 

在宅生活を送られている方の自宅へ行き、家事や入浴介助など多岐に渡り、高齢者のできない所を手伝ってくれる仕事内容になります。ホームヘルパーの1日の仕事内容の流れとして、まずは利用者様の自宅へ行く準備をします。訪問する時間は予定表といってケアマネジャーが立てた計画のもと動きます。

 

訪問先へはなるべく時間前に到着し、挨拶やコミュニケーションを取り、利用者に快く受け入れてもらえるように、礼節はしっかりとしています。そこからホームヘルパーとしての仕事が開始される事になります。しかし、訪問先での仕事には時間の制限があります。

 

これもケアマネジャーが立てた計画のもと、必要な時間数でホームヘルパーは仕事をします。もし、仕事内容に時間が足りないとなればケアマネジャーへ現状を報告し、時間調整をしてもらったりします。

ホームヘルパーの仕事内容「生活援助」とは

利用者様の日常生活に関わる仕事内容になります。「家政婦さん」と思われがちですが、介護保険制度のもとホームヘルパーも仕事をしているので利用者本人にのみ関わる日常生活援助を行います

 

主に生活援助で行われるのが、掃除・洗濯・調理になります。これらの日常作業が出来なくなってしまった方に対して行われるものになります。しかし、出来る事は一緒にしたりと、利用者の役割を作ってあげるのもホームヘルパーにとって大事な仕事内容になります。

 

又、生活に困っている悩みなどの相談も聞いてくれます。もし危険や病気のリスクを感じたりした場合ケアマネジャーやその他医療機関へ伝えるという大切な役目も担っています。

ホームヘルパーの仕事内容「身体介助」とは

利用者様の「身体に直接触れる支援」になります。こちらも介護保険制度のもとホームヘルパーも仕事をしているので利用者本人にのみ関わる身体介護を行います。

 

主に身体介助で行われるのが、病院への付き添いなどの外出・入浴介助・オムツ交換などになります。利用者一人では危険を伴っていたり、一人ではできない事に対して支援を行います。

 

施設とは違いホームヘルパーの身体介助は軽度なものが多いです。もちろん歩き方が以前より悪くなってきている等と、変化が見られればケアマネジャーや医療機関へ伝えます。ここだけの話、身体介護の方がホームヘルパーさんの時給は約1.5倍程高くなります。

ホームヘルパーってどういう事をしてくれるのか?まとめ

今回ホームヘルパーの仕事内容について説明いたしましたが、案外「ただの家政婦さん」と思われがちですが、在宅生活を送っている利用者様の生活を一番細かく理解できているのは、「ホームヘルパーさん」です。

 

なぜならば、ひと月に何回も自宅へ訪問し利用者様との接点が多い為です。なのでケアマネジャーにとっての情報源にもなるとても大切な存在であり、それがホームヘルパーの仕事内容になります。

page top