介護施設の食事は美味しい|その理由を徹底解説

介護施設の食事|美味しさの秘密とは

まず初めにお伝えしたいのは、介護施設での食事はとても美味しいということです。高齢になってくると、足腰も悪くなったり病気がちになったりすると、以前はできていた趣味もできず、楽しみが減るといった現実があります。

 

介護業界では、人としての楽しみのひとつとして食事が大事であると考える方が多くなってきました。その為、食事に関しては他の業界も高齢者専用の宅食や、施設等への外注を受ける産業へ多くの企業が参入してきています。

 

いわば、それだけ高齢者への食事が徹底されており、美味しさの秘密だと感じます。

民間の介護施設の食事とは

民間施設では厨房を備え付け調理師を雇っているところもあれば、外注したもの・冷凍されたものを解凍し盛り付ける等、場所により様々であることが現状です。しかし管理栄養士がしっかり監修の元で調理した、又はされた食事が提供されているところがほとんどなので、栄養面ではバランスのとれた食事が食べられます。

 

和食から洋食といったように提供されますし、嫌いなもの等も事前に聞き取りをするので大丈夫です。高齢者になると入れ歯であったり、飲み込みが上手くできない方も中にはいらっしゃいます。その様な方の為に、ご飯を柔らかくしたりお粥にしたり、魚はほぐしてみたりと様々な工夫をする事ができます。

 

徹底された民間施設の中には、糖尿病食・腎臓病食・減塩食等まで多岐に渡り提供するところもあります。その分料金が特別食として高めに設定されている事が多いです。

 

アンケートをとってみたり、職員も食べて管理栄養士に意見を伝えたりと、実際に徹底されている所が多いようです。

 

公的な介護施設の食事とは

民間の施設に比べ入所者が多い為、学校の給食室のような厨房で沢山の量を調理している所がほとんどです。その為、暖かい食べ物が冷めてしまっていたり、麺類が伸びすぎてしまったりという事もあるようですが、工夫をしている施設も多く存在します。

 

どんな工夫かというと、食事を運ぶカートに温熱・保冷装置がついている機能が備わっているものを使用しているところが増えてきています。これによりできたてのような料理を美味しく頂く事ができるようにしています。

 

公的な介護施設の特別食は非常に特化した所が多いです。なぜかと言うと、民間施設に比べ要介護度が重い方が多く、上手く食べ物を飲み込めない入所者が大変多いです。

 

その為、ムース食やゼリー状食など非常に手間と時間のかかる料理を作る必要があるので、特別食は公的施設の方が優れている所が多いです。

 

介護施設での食事は美味しいかまとめ

民間の介護施設・公的な介護施設ではそれぞれ様々な工夫をされ、できるだけ入居者の要望に応えられるよう美味しい食事を提供できている所が多くなってきました。

 

高齢者の食事には美味しさだけではなく、調理方法も多岐に渡ります。美味しいとは、ただ味が良いというだけではなく見た目・食感・飲み込みやすさなど全てをトータルして美味しいと言えるのが介護施設の使命になっているような状況です。

 

しかし、そこまでの工夫をして本当に美味しいと言って頂けると、介護士のみならず、管理栄養士や調理師の方々にとってはやりがいにもなります。これからも様々な企業からの提案なども出てきて、さらにより良い美味しい食事ができていくでしょう。

page top