親への介護が必要になった時、大切なのは介護保険と専門機関です

親への介護|まずは専門機関への相談と介護保険の申請

親への介護が必要になってしまったら、今後の介護や介護保険の申請などを専門家に相談するのが一番です。

 

今まで元気に過ごしていた親が急に倒れてしまい、命には別状は無かったものの半身麻痺になったり、認知症を発症してしまう事はいつ起きるか分かりません。病院も長くは入院できない為に退院後どうしたらいいのか路頭に迷う事になってしまい、私もケアマネジャーをしていた頃よく相談を受けました。

 

親の介護を家族だけで看ていくのは並大抵のことではなく、介護うつを発症してしまう方も後を立ちません。そこで、親の介護が必要になった時にどこへ相談するかを説明していきます。

 

状況による2つの相談先

 

地域包括支援センター

自宅で親の介護で生活が難しくなってきた場合は、お住まいの地域包括支援センターへ相談に行きましょう。地域包括支援センターは介護についての地域の相談窓口になります。相談料も掛かりませんし、どういう事情で親の介護が必要になったのか相談に行きましょう。

 

介護保険の申請代行も、無償でして貰えるので安心してください。

 

病院の地域連携室

入院している場合、病状が落ち着いてくると病院側は退院して大丈夫ですと話されます。しかし、今後の親の介護はどうしたらいいのか不安になると思います。そこで、相談するのが病院には退院支援をする地域連携室なる部署があります。そこには社会福祉士等の免許を所持した相談のプロがいます。通称PSWと呼ばれます。

 

退院が決まったら「今後の親の介護をしていくにはどうしたらいいですか?」と地域連携室のPSWへ相談しましょう。ケアマネジャーや民間施設、公的施設等の紹介や連絡調整を取ってくれます。

親への介護や介護保険の利用への予防策を考えておく

両親が元気な内に介護保険や実際の介護についての話し合いを家族でしておくのがベストだと思います。かかりつけ医にも話をしておくと良いでしょう。

 

このような話し合いを先にしておく家族はとても少ないです。話をしにくい内容だからこそ、しっかりと話をするべきだと思います。しかしそれが難しい場合、誰が親の介護をメインにしていくかを決めておくだけでも、いざという時すぐ動きが取りやすくなります。

親への介護|介護保険と専門機関のまとめ

親が急に介護が必要になれば、まずどこから手をつければいいのか分からず、とりあえず自宅で家族が看る方がいますが、仕事や育児もしながらの親の介護は大変ストレスが掛かります。それで介護うつにでもなったら親の介護どころか、自分の家庭が崩壊しかねません。

 

そこで、今回ご紹介した専門家に相談する事での安堵感は計り知れないでしょう。現代の医療福祉はとても進んでいます。各専門分野が連携するので、ほぼお任せで介護保険の申請や今後の介護についての話が進んでいきます。

 

もちろん、親が急に介護が必要になったからと専門分野に任せっきりでは良くないので、家族の主張は最低限伝えておきましょう。その為にも急に親が介護が必要になってしまった時の事を前もって家族間で話し合っておくのが得策だと言えます。

page top