介護施設とリハビリ|介護保健で受けられるリハビリについて

介護保健で受けられるリハビリについて

介護施設,リハビリ

介護老人保健施設(以下 老健)や介護療養型医療施設(以下 療養病床)などに入所している場合と、有料老人ホームなどに入居している場合とでは、利用できるリハビリテーション(以下リハビリ)が異なります。それぞれの施設の違いや利用できるリハビリについて詳しく見ていきましょう。

リハビリの目的

介護保険を利用したリハビリは、病院、診療所、老健の3つの特定の施設でのみ行う事ができます。リハビリとは心身の機能維持、機能向上、自立した日常生活を送れることを目指す目的で行われます。

 

運動機能の向上

病気や怪我などが原因で低下した機能を回復、維持、向上させるよう、計画に沿ってリハビリが行われます。理学療法士など機能訓練指導員がリハビリをサポートします。

 

口腔機能の向上

口の周りの筋力が低下すると、噛んだり飲み込む力が衰えるばかりでなく、誤嚥性肺炎の原因となります。口腔機能の向上は、食事面だけのメリットにとどまらず、はっきりと話すことや表情が豊かになる効果も得られます。

リハビリの種類

介護を要する人でも、その人らしく生活できるよう低下した機能を向上させたり、今ある機能を維持する目的でリハビリは行われます。機能訓練指導員の役割と、リハビリの種類を見ていきましょう。

 

機能訓練指導員

介護施設で行われるリハビリは医師の指示のもと、専門の知識を持った機能訓練指導員によって、計画が立案され実施されます。機能訓練指導員は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護職員、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師の資格を持つ専門家です。

 

リハビリを行う施設には法律によって、これらの資格を持つ人員が配置されることが決まっています。

 

理学療法士 立つ・歩く・座るなどの日常動作に必要とされる機能を維持向上させるためのリハビリを行う専門家
作業療法士 家事や着替え、食事など日常生活で使用される機能を維持向上させるため
言語聴覚士 病気などが原因の言語障害や嚥下障害に対してリハビリを行う専門家
柔道整復師

骨折や捻挫などのケガに対し、整復や固定などにより治療を行う専門家
(介護の現場では、筋力や身体機能の維持向上を目的としたリハビリを担当)

あん摩マッサージ指圧師

あん摩やマッサージなどの手技を用いて、体の不調を改善する専門家
(介護の現場では、筋力の低下防止や身体機能の維持向上を目的としたリハビリを担当)

 

通所リハビリテーション

通所リハビリテーションは、一般的にデイケアと呼ばれるものです。リハビリを行う事ができる老健などの特定の施設に通所し、リハビリを行います。介護度によって利用できる回数は異なりますが、その人に合わせたリハビリを受ける事が可能です。要支援の人は介護予防通所リハビリテーションを利用する事ができます。

 

訪問リハビリテーション

介護施設,リハビリ

訪問リハビリテーションは、居宅である自宅や有料老人ホームなどで、リハビリを行う専門家が訪問して行われるものです。居宅での生活に合わせたリハビリが可能となるため、生活の質の向上につながりやすいと言えます。要支援の人は、介護予防訪問リハビリテーションを利用する事ができます。

 

施設サービスにおけるリハビリ

老健では、入所期間の3?6ヶ月の間に在宅復帰を目指して、さまざまなリハビリが行われます。自宅での生活を想定した計画に沿って、リハビリを行います。

 

療養病床は、脳梗塞など病気が安定しても医療処置が必要で、自宅に戻る事が困難な人が入所対象となります。機能の向上や維持を目的にリハビリが行われます。

介護サービスの種類とリハビリ

介護保険で受けられるサービスは、大きく3つに分ける事ができます。居宅介護サービス施設サービス介護予防サービスの3つです。それぞれについて解説していきます。

 

居宅サービス

居宅とは、日常を過ごしている場所「すまい」のことです。すまいは自宅とは限らず、有料老人ホームなどの介護施設も含まれます。住まいで生活を送る事ができるよう支援するサービスのことを「居宅サービス」と言い、要介護1以上の人が利用できます。居宅サービスのリハビリは「通所リハビリテーション」と「訪問リハビリテーション」の2つがあります。

 

施設サービス

医師がリハビリを必要と判断した場合、3つある介護保険施設のうち老健や介護療養で、リハビリを受けることができます。老健では3?6ヶ月間入所し、自宅復帰を目指してリハビリを行います。療養病床は病院の中にある病床の一つで、さらに医療療養病床と介護療養病床の2種類あります。介護療養病床では、要介護1以上の人を対象に、生活の質を向上させるためのリハビリが行われます。

 

介護予防サービス

介護予防サービスは、要支援1、2の人が利用できるサービスです。有料老人ホームなどの介護施設に入所している場合でも利用する事ができます。利用できるリハビリは「介護予防通所リハビリテーション」と「介護予防訪問リハビリテーション」の2つです。

特定施設に入所している場合

特定施設とは、配置人員や設備などに規定があり、それら満たす施設のうち都道府県の指定を受けている施設のことを言います。指定を受けた有料老人ホーム、軽費老人ホーム(ケアハウス)、養護老人ホーム、高齢者賃貸住宅が対象となります。特定施設では居宅サービスである「特定施設入居者生活介護」を行うことができます。

 

これは入居者に対し、日常生活の支援やリハビリなどを行う事ができるものです。特定施設には「内部提供型」と「外部サービス利用型」の2種類があります。

 

内部提供型

内部提供型は、一般型とも言われています。施設で介護の計画を立て、施設の職員によって介護が行われます。施設内でリハビリを受ける事ができます。

 

外部サービス利用型

外部サービス利用型の場合は、介護の計画は入居している施設で立てますが、サービスは外部の事業所を利用するものです。そのため訪問リハビリテーションと通所リハビリテーションを利用することが可能です。

まとめ

介護施設では医師の指示のもと、さまざまな機能訓練指導員によってリハビリが行われます。老健や療養病床では自宅復帰を目標に、リハビリを行い、有料老人ホームなどの特定施設の場合は2通りで、内部提供型は、施設内でリハビリを行うことができます。外部サービス利用型は、訪問リハビリテーションと通所リハビリテーションを利用することができます。

page top