ショートステイは介護保険を使って短期の宿泊ができるサービスです

介護保険で利用できるショートステイについて

ショートステイは、短期間の宿泊ができる介護保険のサービスです。

 

在宅生活で介護保険サービスを受けられている方で、「自宅に誰も居ない日が一週間くらいあるんです」という場合に短期間(30日までを目途)の間で宿泊できる介護保険サービスです。

 

ショートステイの種類は2つ

ショートステイには正式名称があり、下の2種類をまとめてショートステイと呼んでいます。

 

短期入所生活介護

施設に短期間の入所をして、日常生活の介護を受けたりレクリエーションやリハビリを受けられます。

 

短期入所療養介護

利用の形態は短期入所生活介護と同じなのですが、こちらは医療ニーズの高い方(認知症状が重い方や医療的なケアが多い方)専門になります。病院や介護老人保健施設に併設している場合が多いです。

ショートステイのメリット

  • 家族の介護疲れを減らすことができる
  • 冠婚葬祭などで家を空ける場合に利用できる
  • 仕事で介護ができないときに利用もできる

 

同居している家族等が冠婚葬祭で家を空ける場合や、家族の介護疲れの為に一時的に宿泊することもできます。特に、家族の介護疲れでの利用が1番多い様です。昼夜問わず介護をする側にとっては休む暇も無く、淡々と介護をしている内に介護うつになってしまう方が多くなります。

 

そんな方にとって、例えば毎週土日にショートステイを利用するなどされる方が多いようです。実質私がケアマネジャーをしている時、家族が介護に熱心すぎて、急に不眠症になったり、涙が止まらなくなったり、倒れてしまった方もいらっしゃいました。早急にショートステイへお願いし、その家族の方には一時休んで頂きました。

ショートステイのデメリット

  • すぐにショートステイを利用できる施設が少ない
  • 介護保険で利用できる上限の日数がある

 

ショートステイにお願いしても予約待ちで、すぐに入れる所が絶対的に少ない事です。定期的に利用されている方が多く、なかなか入れない為に何箇所もケアマネジャーが問い合わせをする事が多いです。実際私もそんなこんなで半日探し回った事もあります。

 

介護保険利用料については、利用が31日目を迎えるとその1日分は介護保険適応外で10割負担となります。

ショートステイの現状

私がケアマネジャーをしていた時に見てきたショートステイの現状をお話し致します。まず、ほとんどのショートステイは通称ロングと言って30日を超える連続利用の方でいっぱいです。本来のショートステイとしては、ほとんど機能していません。

 

ショートステイといっても3年くらい普通に入所している方もざらに居ます。なぜこのような事が起きているのでしょうか?答えは簡単です。特別養護老人ホームの入所待機待ちの方が通称ロング利用となっており、空き部屋がなかなか空かないのです。なので何箇所も電話を掛けまくって探す事になってしまうのです。

 

なぜ通称ロングが法的に適応となっているのか?

これにはカラクリがあります。介護保険法では介護認定有効期間の半数を超えるショートステイの入所はしてはいけないと明記されていますが、実はケアマネジャーが理由書なるものを役場に出すと免除されるのです。

 

例えば、自宅での生活は難しく、特別養護老人ホームを予約待機している等の文言を一筆書けば、簡単に通称ロングが可能になります。この妙な仕組みはなんとかしてもらわないと正当なショートステイの利用をされる方にとっては困った話になります。

介護保険サービスのショートステイついてのまとめ

今回ショートステイの種類や現状をお話ししましたが、これからショートステイの利用を考えていらっしゃる方は、すぐにでも担当のケアマネジャーへ相談しておくのが大切だと思います。

 

又、現代では超高齢化社会を迎えており家族の介護負担も増大しています。一人で悩まず、ショートステイを利用する事で心身のリラックスをする事も家族の方にとっては大切だと思います。

page top