特別養護老人ホームに入居するための費用と条件

特別養護老人ホームにかかる費用

特別養護老人ホームの費用は従来型とユニット型とで料金が違います。

 

介護保険料と部屋代を合わせた合計金額(月額)
特別養護老人ホームの種類 費用(月額)

ユニット型

10万円〜15万円

従来型

7万円〜10万円

 

一時金や敷金礼金は公的施設なので掛かりません。又低所得者は自己負担の軽減制度がありますので、お住まいの市町村かケアマネジャーへ相談すると良いです。

特別養護老人ホームに入るための条件

特別養護老人ホームとは、介護が昼夜常時必要な高齢者で、在宅での生活が困難になった方を対象とした介護保険による公的な施設になります。

 

基本的には終の棲家として余生を過ごされる方が多く入所されています。

 

平成27年以降

平成27年度介護保険改正により要介護3以上でなければ入所ができなくなりました。

 

※要介護1もしくは2の方でも認知症状が重度で在宅生活を送るのが極めて困難な場合、特例で入所が可能です。

 

平成26年まで

平成26年までに申し込みをしていた場合は要介護1〜5の方は入所できます。

 

特別養護老人ホームは社会福祉法人などが運営している公的な施設な為、民間の介護施設に比べて料金設定が割安になっています。しかし、入所の条件が厳しくなった背景には、待機の方が50万人以上いること、国として高齢者は在宅生活を送る事を推進しているからです。

特別養護老人ホームのメリットとデメリット

メリット

料金設定が民間施設に比べ低料金である事やユニット型の新設で、個人を尊重したケアが今まで以上にできる事です。そして1度入所すると特別なにかない限り退所にはなりません。

 

デメリット

一番の難点が未だ待機者が多いという事です。何年も待機されている方も大勢います。また、要介護度が重度の方を優先的に入所するように決められているので、要介護度が低い方は後回しになっているのが現状です。

ユニット型の特別養護老人ホームとは

平成18年度に新設され、定員29名で全部屋個室になります。地域密着型特別養護老人ホームと言い、お住まいの市町村に住所地がなければ入所できません。従来型と比べ、個人を尊重し時間にとらわれない自由で家庭的な雰囲気の特別養護老人ホームになります。

 

従来型だと相部屋があったり食堂も同じ場所、入浴日も決まった日の決まった時間という縛りがどうしても存在しますが、ユニット型にはそれがありません。フロアーがユニット式になっているので、それぞれのユニットにスタッフが居り、対応します。

 

特別養護老人ホームにかかる費用とメリット・デメリットまとめ

特別養護老人ホームは終の棲家と言われていますが、現代の介護ではその考え方は変わってきています。もし、自宅の方が暮らしやすくお金も掛からないのであれば自宅へ戻っても良いのです。なので国も重度の方を優先にするようにしています。

 

しかし、特別養護老人ホームはユニット型も新設され、個人を尊重し自由に余生が過ごせるようになっているので民間施設と見比べる為にも見学へ行ってみるのも良いと思います。

page top